しげるlog

ライブやフェスのレポートと、主にAppleのガジェット情報を発信するブログ。

MENU

山下達郎 Performance2018@2018.06.29 NHKホール ライブレポート(ネタバレあり)

久々のブログ更新。

f:id:okamoto8280:20180702001325j:plain

ここ数年チケットが取れる限り参加している山下達郎のライブ。

今年はまさかの二次先行が当選したため、全公演中でもかなり序盤のライブを見ることができました。本命は9月の神奈川県民ホールだったんですが

フェスで観たものも含めると今回でもう5回目の山下達郎ライブになりましたが、齢65 を超えてまったく衰えることのないパフォーマンスは圧巻の一言でした。

 

興奮冷めやらぬうちに今年の模様を記録しておきたいと思います。

セットリストも含め、ネタバレありまくりですのでこれから参加される方は注意してください。

(そういえば今年はネタバレする奴は火炎放射器で焼き殺してやりたいってMCなかったな・・・)

山下達郎のライブのレポートはこちら。

山下達郎 Performance2013@2013.10.27 中野サンプラザホール - 船町diary

山下達郎 Performance2017@2017.04.29@神奈川県民ホール ライブレポート - 船町diary

山下達郎 Rising Sun Rock Fes 2018ライブレポート - 船町diary

 

[続きを読む]を押すと中身が開きます。クドイですがいきなりネタバレですのでご注意ください。

 

 

 

 

 

今年のテーマは

達郎さん曰く2008年にライブ活動を再開してから、今年で10年めになるそうです。

そのため、今年のセットリストは10年間今のバンドメンバーでやってきて手応えを感じている曲、出来のいい曲を中心に選曲した、とMCで話していました。

が・・・

聴いている方としては、6.6に亡くなった元SUGAR BABEのベーシスト、寺尾次郎さんへの惜別がテーマになっているように感じられました。

今回のセットリストではWindy Lady、Down Town、今日はなんだか、と3曲がSugar Babe時代のレパートリーとして選曲されていますが、このうちWindy LadyとDown Townは当初セットリストになかったものを寺尾さんの訃報を受けて急遽入れ替えた、と話されていました。

オープニングSEがREBORNのアレンジverだったり、REBORNを演奏する前のMC(自分は"人間は死んだら灰になるだけ"といった唯物論的な考え方には賛成できない。人は死んでも魂は永遠に残ると信じている、といった内容)から考えても、亡くなった寺尾さんに捧げるというのが今年のPerformance2018のテーマとなっているように感じました。

 

セットリスト

01.SPARKLE 

02.新(ネオ)・東京ラプソディー 

03.MUSIC BOOK 

04.あしおと 

05.Windy Lady 

06.Down Town 

07.SOLID SLIDER 

08.Oh, Pretty Woman 

09.REBORN 

10.シャンプー 

11.Blue Velvet 

12.おやすみ、ロージー -Angel Babyへのオマージュ

13.クリスマス・イブ 

14.希望という名の光 

岡林信康:今日をこえて~蒼氓~

15.ずっと一緒さ 

16.今日はなんだか 

17.LET'S DANCE BABY 

大瀧詠一: びんぼう~ハンドクラッピングルンバ~夢で逢えたら君は天然色~幸せな結末、小林旭: 熱き心に

18.ハイティーン・ブギ 

19.アトムの子 鉄腕アトム 

20.LOVELAND, ISLAND 

 

EN

21.ミライのテーマ 

22.Ride On Time 

23.恋のブギ・ウギ・トレイン 

24.YOUR EYES

 

今年のライブでの個人的ハイライトシーン3選

激レアアレンジ違いの"Windy Lady"

達郎さんはライブでアレンジ違いの曲を演奏しないことで有名です。

と言うのも、音源としてリリースする際に既に長年の試聴に耐えうると言う矜持があるから。現にクリスマスイブもSPARKLEも、いわゆる定番曲もライブアレンジで演奏されることはほとんどありません。(アコースティックセットでは別ですが)

今回のツアーで演奏するWindy Ladyは山下達郎のソロ名義になって、CIRCUS TOWN のアルバムに収録されているバージョンではなく、Sugar Babeで演奏していた当時のアレンジそのままでの演奏で披露されていました。

www.youtube.com

原曲CD音源では感想のサックスが特徴的ですが、Sugar Babeアレンジではサックスは入らず、ギターが前面に出た演奏になっていました。佐橋佳幸のギターソロが随所に堪能できます。今年のライブでの必聴ポイント

 

希望という名の光でメドレー演奏された"今日をこえて"〜"蒼氓"のメドレー

先日のサンデー・ソングブックのライブ音源特集を聴いていた人はピンと来たんじゃないでしょうか。

達郎さんがまだSugar Babeとして演奏していた頃、京都の"拾得(じゅっとく)"というライブハウスで演奏した際にかなり苦い思いをしたそうで、今年2018年の3月にアコースティック編成のライブで再び件のライブハウス"拾得"を訪れ、ライブの際に岡林信康さんのカバー"今日をこえて"を演奏したそうです。

フルコーラスではありませんでしたが、まさかこのライブで聴けるとは!

今日をこえて 岡林信康 - YouTube

(リンクは岡林信康さんの原曲です)

 

アトムの子での予想外のプロジェクトマッピング

達郎さんのライブのステージは毎年凝ったステージセットになっているのですが、今年は海辺の倉庫をイメージしたセットになっていました。(FedEXではなく、FadEXのコンテナが積まれてた)

電飾で光ることくらいは想定の範囲内でしたが、アトムの子ではこの積まれたコンテナにテレビがプロジェクションマッピングされ、その中で鉄腕アトムの映像が流れていました。(おそらく放送当時の白黒のもの)

クリスマスイブでもバックステージ全体に雪化粧やライトアップされた街並みの様子がプロジェクションマッピングされ、今年は効果的な演出になっていたように感じます。

 

まだ間に合う今年のライブのチケット

いかがだったでしょうか。

恋のブギウギトレインでキレッキレのカッティングギターソロを披露していたり、Let's Dance Babyのクラッカーを鳴らすところでかつてないくらいフライングしたお客さんがいたり、Sugar Babe回帰とご本人公認の新曲ミライのテーマがここ数年の新曲で一番好みの良曲だったり、挙げたらまだまだ書けてしまうのですが・・・この辺りにしておきます。

今年のツアーはまだ始まったばかりで、11月まで続きます。

終盤の公演ではまだチケットの先行も残っていますので、まだ行ったことのない人は一度経験してほしい。自分は2010年のライジングサンで演奏された"さよなら夏の日"になぜか涙が溢れて以来、この人の大ファンになりました。

行く人にとっては当たり前になってしまっているので書きませんでしたが、あまりの歌唱力と演奏力の高さに驚かされるのは間違いないです。

www.tatsuro.co.jp

 

それでは、また。

 

山下達郎ライブレポートはこちらから

okamotokamakura8280.hatenablog.com

okamotokamakura8280.hatenablog.com

okamotokamakura8280.hatenablog.com

 

 

 

おまけ

f:id:okamoto8280:20180702002558j:plain

グッズたち(今年はあまり買うものがなかった。。。)

f:id:okamoto8280:20180702002630j:plain

f:id:okamoto8280:20180702002642j:plain

サザンやジャニーズの人たちから花束が