船町diary

海と山が近い町に住んでます。

MENU

AirPodsを3ヶ月つかってみて分かった、良いところと悪いところのまとめ

夏前に完全ワイヤレスのイヤホンを探しまして、

いろいろ比較した結果、AppleAirPodsを購入しました。

3ヶ月間毎日使ってみた感想を正直にレポートします。

 

 

 

良いところ

ケースから取出して耳に付けたらペアリング完了している操作感

これは購入する際も決め手になったんですが、AirPodsは一旦特定のiPhoneMacに対してペアリングしたら、一旦ケースにしまって、再度装着したときに自動的にペアリングしてくれます。この操作感がどうしても他のメーカーのイヤホンでは出せなくてAirPodsの購入を決めたんですが、ヘビーユースして尚更利便性を感じます。

ペアリング完了時には「ボーン」と控えめに音声で知らせてくれるので、誤って外に向かって鳴らしちゃうこともありません。

自分みたいに、PCはMacで携帯はiPhoneを使っていると、イヤホンのペアリング先もワンタッチで簡単。この操作感だけでもiPhone使いの人は買う価値ありです。

 

スマホ操作に完全連動、ストリーミングも遅延なしの即応性

有線のイヤホンでは起きなかった悩みなんですが、多くのワイヤレスイヤホンではどうしても操作に対して遅延があります。

・楽曲Aを選択→(0.5秒くらい待って)楽曲Aの再生を開始

といった寸法です。これも複数のイヤホンを視聴して比較したのですが、AirPodsはこの操作の遅延が全くありません。遅延が起きてしまいがちなイヤホンだと、動画を再生してしばらく経つと、映像に対して音声が遅延して音ズレが起きてしまったりするんですが、この音ズレも一切なし。スマホの操作に対して完全連動してくれるこの即応性も満足のポイントですね。

 

バッテリーに関しては完全にノンストレス

公式スペックではAirPods単体での連続再生時間は5時間、連続通話時間は2時間となっていますが、カタログスペックに偽りなしですね。2-3時間くらい作業を続けていても50%程度バッテリーは残っています。イヤホンとして利用していないときにはケースにしまっておきますが、ケースが充電器の役割を担っています。充電はかなり急速充電してくれるので15分程度充電すればまた1-2時間は利用できます。

ケースに対してもLightningケーブルを使って充電する必要がありますが、この充電もとても速い。会社や家に到着して少しケーブルに繋いでおけば1時間以内くらいに100%になっているイメージです。

また、利用中にAirPodsのバッテリー残量を確認するのも非常に簡単です。

Macであれば、画面右上のバーから、Bluetoothバイスの一覧を表示し、AirPodsを選択すると電池の残量を確認できます。

f:id:okamoto8280:20180907152417p:plain

iPhoneでは通知ウィジェットにバッテリーの項目を追加しておけば、ウィジェットから電池残量を確認可能です。

f:id:okamoto8280:20180907152534p:plain

こうした細かい使いやすさがApple製品のニクいところですね。

 

長時間耳に装着していても疲れない

長期間使用していて気づいたんですが、AirPodsは見た目に反してしっかり装着できて、かつ耳への負担が少ないです。以前使っていたJBLカナル型イヤホンは耳の奥までイヤーピースを差し込むからなのか、長時間イヤホンをつけっぱなしにしておくと耳が痛くなってストレスだったんですが、AirPodsはこういったストレスとは無縁です。その分外れやすいんじゃないのって指摘が聞こえてきそうですが、意外なくらいに外れません。

 

 

悪いところ

遮音性が低いので外の音がかなり聴こえる

これは視聴の段階で理解して購入したんですが、使ってみるとかなり気になるマイナスポイントです。カナル型のイヤホンは遮音性に優れていますが、このAirPodsはオープンエアー型です。

外の音を遮音してくれないのでかなり拾ってきます。とくに外で歩きながら使用していると、トラックの通る音なども気になるレベル。こちらが外の音が聴こえるってことは、自分が大きい音で聴いていると音漏れが外に聴こえるってことです。

オープンエアー型ならではの音質のメリットはあるものの、遮音性の低さはどうしてもマイナスポイント。視聴したときにはそれほど気にならなかったんですが、毎日使っていると気になってきますね。

 

ワイヤレスで完全独立なので、どうしても落としやすい

これは自分の不注意の側面もありますが、左右のデバイスが完全に独立しているので、ケースから取り出すときなど、どうしても落としてしまいやすいので注意が必要です。自分は購入して2日目にコンクリートに落として傷が付いてしまいかなりテンション下がりました・・・

 装着後に落下しないように上にリンクしたようなイヤーフックも別売されていますが、イヤーフックを装着しちゃうとせっかくのフルワイヤレスの意味がなくなってしまうような気も・・・

着脱時に落としてしまわないような工夫があれば教えてください。

 

片耳だけ付けて鳴らせない

これは便利さの裏返しなのですが、AirPodsは片耳だけイヤホンを外すと、音楽の再生を停止してくれます。(Youtubeとか、純正オーディオ再生以外のアプリは対象外です)コンビニとかで片耳外して使うときには再生を停止してくれるのはすごい便利なのですが、片耳だけで音楽再生してくれないのが不便なケースも・・・

自分は深夜残業で人が少ないときや家で勉強するときなんかは片耳にイヤホン付けながら作業をやってしまうんですが、そういった使い方がしにくくなってしまいました。

片耳再生がオン/オフできるようなモードがあればなあ・・・

 

いかがだったでしょうか。2019年にはAirPodsの改良版の発売の噂もあり、

防水性などは他のイヤホンと比較して劣る状態なのは事実なので、今の状態でベストバイ!とは言い切れないものの、iPhoneAppleのデバイスをよく使う人にとっては今の段階でも買って損はない逸品かと思います。

間もなく9/13にはWWDC。どんなデバイスが出てくるのか楽しみですね。

それでは、また。

Apple、「史上最高のワイヤレス」AirPodsがさらに改良か - フロントロウ